おすすめしたい中古着物の保管方法

中古着物のタンスに入れる前のポイント

大切にしていた着物をなるべく高く買い取ってもらいたいなら、日ごろの保管方法にこだわりましょう。まず着ていた着物を脱いだ後はすぐ畳むのではなく、ハンバーにかけて表面についているホコリを落としましょう。ブラシを使って優しく落とすのが重要です。その後、着物の全体を観察してシミや汚れがないか確認します。
もしシミや汚れが見つかったら、すぐに適切な対応をしておきましょう。最後にタンスに畳んで収納することになりますが、着物は湿度に弱いので雨の日の場合は天気の良い日に改めて畳むのがおすすめです。また、タンスの中には湿気取りや防虫剤を置いておきましょう。このような点に注意すると着物を良い状態で保管することができます。

中古着物を長く保管する方法

着物や帯はそれぞれを別にして、たとう紙に包んで保管します。ウールなど虫がつきやすい素材と一緒にするのは、避けましょう。タンスは和ダンスや桐タンスが、防湿性が高いのでおすすめです。あまり着る機会がない着物は、巻いた和紙を畳んだ際にできる折り目に入れておくと着物が傷みにくくなります。また湿気を取り除くために1年のうち最低1度は風通しがいい日を選んで、虫干しをしましょう。
もし着物をタンスに入れる前に飲み物などの汚れを見つけたら、シミがついた箇所の裏側にタオルを敷いて、水で濡らしてから絞ったタオルでシミを軽く叩きましょう。こすればシミが広がってしまいます。もし自分で対処できないと思ったら、クリーニングに出すのが安全です。

© Copyright Symbolic Dress.All Rights Reserved.