正しいお手入れが必要な中古着物

中古着物の湿気の取り方について

中古着物を買い取り査定に出す予定ならば、日ごろからしっかりお手入れを行いましょう。まず着物を着たら専用のハンガーにかけて、風通しがいい日陰になっている場所に干すのが大事です。あまり長時間干していると型崩れを起こしてしまうので、長くても一晩程度にしましょう。湿気を干すことで取り除くとカビを防止することができ、シワもなくなります。帯も同様に、ハンガーにかけて湿気を取り除きましょう。
埃も取り除きたい場合は、扇風機を使うのがおすすめです。もし着物をチェックした際に汗がついていた場合は、霧吹きで水を少し含ませてからタオルで叩くと綺麗になります。含ませすぎてしまうと生地が縮んでしまうので、注意しましょう。

シワやシミの対策法について

着物にお茶やマジック、お酒などのシミ汚れが付いてしまったら早めに応急処置を行いましょう。油性汚れの場合はガーゼにベンジンを含ませて、対処します。水性汚れは中性洗剤を薄めたものを使うと安心です。無理にこすって綺麗にしようとすると生地が傷んでしまいます。事故処理に不安があるならば、クリーニングに出しましょう。
シワができている場合はなるべく陰干しで取るようにして、最終手段としてアイロンを使うことをおすすめします。アイロンは当て布をして生地の裏からかけるのが基本です。このようなポイントに注意して着物のお手入れを行いましょう。日ごろから丁寧に着物を取り扱っていると、買取査定に出した場合も高くなりやすいです。

© Copyright Symbolic Dress.All Rights Reserved.